伝統工芸品の商品開発・普及促進支援事業

公益財団法人 東京都中小企業振興公社

平成27年度 マッチング会 結果報告

マッチング会

※平成27年度のマッチング会は終了致しました。平成28年度の開催につきましては、6月頃を予定しています。

下記の日程でマッチング会を実施しました。
マッチング会は、制作者とデザイナーがお互いのアイデア等を交換しあうなど、開発チーム組成のためのコミュニケーションの場として開催しました。
1回15分という短時間での面談となりましたが、
制作者の方もデザイナーの方も熱心にお話し頂き、多くの方と交流していただけました。
東京の新たな伝統工芸品が生まれるきっかけになると思うと、参加者の期待もふくらみ、会場は熱気であふれていました。

<実施概要>

マッチング会では、制作者ごとにブースを設け、デザイナーの方に各ブースを訪問していただきました。デザイナーの方からは、どのような思いでプロジェクトに参加したのか、プロジェクトにかける意気込み、プロジェクトで取り組みたいことや提案について、また制作者の方からは商品の特徴や伝統的な技術・技法等について、お話しいただきました。

●当日ご用意いただいたもの

制作者の方…ご自分の商品(現物が難しい場合は写真)、お持ちであればパンフレット等。
デザイナーの方…本事業で取り組みたいこと、実績等(応募用紙に記載いただいたもの)。

日時 制作者の方の参加 デザイナーの方の参加
第1回(2015年6月30日) 15名 61名
第2回(2015年7月3日) 13名 56名
第3回(2015年7月7日) 18名 78名
第4回(2015年7月10日) 12名 48名
第5回(2015年7月17日) 12名 47名

<参加者の声>

制作者

●優秀なデザイナーさんとお話をさせて頂き、新たな物づくりへの可能性が拓けたように思います。
●たくさんの方とお話をさせていただきましたが、具体的にデザイン案をお持ちいただいた方は進めやすかったです。
私自身ももう少し当日持参するものを工夫した方が、デザイナーの方にも伝えやすかったように思います。
●事前にデザイナーの方々の情報が知りたかった。
●デザイナーの方によってデザインの仕方は様々であることがわかりました。
●多くのデザイナーと交流でき、非常に有意義でした。自社の技術を理解して頂く上で、材料・道具、製作工程を踏んだ物を用意しました。

デザイナー

●工房見学をしていない職種のマッチング会はミニ展示会のようでした。作業工程はなかなかお話を聞くだけでは分かりづらく感じました。ただ自分のデザインを見てもらい制作可能かどうかをすぐ聞くことができたので良かったです。
●時間が短く、また、何ができるかを先行してデザインを行う必要があったように感じました。
●今回のテーマに沿いながら、伝統工芸の技術を用いる必然性がある製品になるよう提案を工夫しました。

たくさんのご参加をいただきまして、ありがとうございました。

お問い合わせ先

(公財)東京都中小企業振興公社 城東支社
「東京手仕事」プロジェクト 商品開発事務局
〒125-0062東京都葛飾区青戸7-2-5
Tel:03-5680-4631 FAX:03-5680-0710 E-mail:craft@tokyo-kosha.or.jp