with(ウィズ)の写真審査は厳しい!?審査基準や否認されるNG写真例を紹介!

with(ウィズ) 2018/06/17

写真審査というと厳しそうなイメージがありますよね?with(ウィズ)の写真審査はポイントを押さえればすんなり通過します。

with(ウィズ)で否認される写真の具体例、写真審査をスッと通過するための情報をお伝えします。

with(ウィズ)の写真審査≠顔面審査

with(ウィズ)では写真が否認されることがある」なんて聞いたらドキッとしませんか?

「with(ウィズ) には写真審査があったの?」
「え!?with(ウィズ)って写真で落とされるの?」
「女性は顔だけじゃなく、スタイルも見られる!?」
なんて思っちゃいますよね。

しかし、with(ウィズ)の「写真審査」は、個人の容姿やルックスとは無関係です。

写真審査は何のために審査をしているの?

写真審査では、卑猥な内容や個人を特定できるような内容、他人の権利侵害をするような内容が含まれていないかをチェックしています。また、見にくい写真も審査対象としています。
いずれにしても、with(ウィズ)のユーザーの安全を守るための審査となっています。

with(ウィズ)写真審査の審査基準&否認されるNG写真

with(ウィズ)では、予め写真の審査基準が明かされています。
そのため、写真を審査に掛ける前に事前に写真の審査基準に該当しないかどうかチェックするようにしましょう。

with公式ページの「写真の審査基準」

with(ウィズ)公式ページに「写真の審査基準」が細かく規定されていました。

下記は審査にて否認の対象となります。
「個人を特定しうる情報を含んでいるもの」
・本名が写り込んでいるもの
・URL・メールアドレスなど連絡先が表示されているもの
・勤務先の会社名・ロゴ・役職などが写り込んでいるもの
・インターネット上で同一の写真が確認できた場合
・その他、個人の特定が可能だと判断しうるもの

「権利を侵害するもの(サブ写真可)」
・著名人(芸能人、スポーツ選手、モデルなど)の写真のように本人以外の人物
・他人が著作権を有するもの
・18歳未満と判断される子どもの写真

「見づらいもの」
・上下が逆さまである
・プリクラ・画像加工ツールなどで著しく加工されている写真
・不鮮明である

「公序良俗に反するもの」
・ヌード(男性の上半身裸も含む)
・わいせつ、またはそれを想起させうるもの
・宗教・思想・信条を主張するもの
・その他閲覧者に不快感を与えると判断しうるもの
・異性との2ショット写真
・線路内・線路上に立ち入っている写真
・道路上にて撮影された写真
・迷惑行為と判断できる写真
・その他危険な場所で撮影されたと判断しうるもの

引用元:withヘルプ

上記に該当するような写真は審査で否認され使用できませんので注意してください。

ありがち!with(ウィズ)で否認される写真

たくさんありますが、特に「やってしまいがち」な写真をピックアップしました。

車のナンバープレートのぼかしを忘れる

遠目に写ってるだけだから大丈夫かな?と思っても意外と見えてしまいます。
画像をダウンロードしたり拡大すると確認できてしまうケースもありますので、モザイクを入れるなりスタンプで隠すなりしましょう。

Snowなど画像加工アプリでバリバリ加工した写真

SnowやLINEカメラなど様々な画像加工アプリが出てきていますよね?

インスタ映えのために加工スキルが高い人もいると思います。
しかし、withにアップする写真に加工しすぎると審査が通りにくい可能性がありますので注意が必要です。なるべく撮った写真そのままにしたほうが審査は通りやすいと考えられます。

写真全体の明るさをちょっと調整するくらいにとどめておいたほうがよさそうです。
筋トレ好きの男性がジムで筋肉を撮影した写真

明らかにわいせつな写真を載せる人はもちろんいないと思いますが、自分の身体に自信があって筋肉美や健康的にトレーニングしている様子をアピールしたい方が服を脱いで撮影し写真をアップする方がいます。

肌を露出しすぎると審査で否認されてしまいますので、筋トレやジムなどのアクティブさを伝えるために、ジムでのトレーニング風景をアップする程度にしておきましょう。

プールや海で撮った写真

プールや海だと、水着でいるのが普通なため、つい肌の露出が多い写真を審査に挙げてしまうこともあります。
しかし、水着類もwithの写真審査では否認対象になっていますので注意しましょう。

女性の場合は特に、ナイトプールや海でのフォトジェニック写真を載せちゃう可能性があるので気を付けてください。

線路や道路上で撮ったフォトジェニック写真

田舎の鉄道って雰囲気がいいところも多いですよね?
海岸線の線路やどこまでも続く直線の線路は、思わず写真を撮ってしまいたくなります。しかし、これらも公序良俗に反する写真として否認されてしまいますので、審査に挙げても否認されてしまいます。

崖や防波堤付近で撮った写真

一見問題なさそうですが、危険な場所で撮影された写真という判断で審査が否認されてしまう可能性があります。
審査する写真が、危険を伴う場所ではないかを一度チェックしてみましょう。

with(ウィズ)の写真審査が否認されたらどうなる?

なんだかwith(ウィズ)の写真審査って難しそうと思ってしまいますが、ポイントを押さえれば通過できます。コツは、無難な写真を選ぶことです。

もし審査に通らなくても、別の写真で審査をやり直すこともできますので落ち込む必要もありません。

これはOK?withの写真審査 Q&A

親戚や友達の子供と写っている写真は?

with(ウィズ)のプロフィール写真を見ていると、男女問わず、子供や赤ちゃんと一緒に写っている写真をアップしている人はいます。 スタンプで顔を隠している人もいれば、隠さずそのままの人も。赤ちゃんは、成長とともに顔も多少変わっていくため、そのままアップしている人が目立ちます。 しかし、もしかしてこの人子持ち・・・?と誤解されかねません。 ほとんどの人はプロフィールの自己紹介文やつぶやきの中で「友人の子です。」「甥っ子です」などとコメントしています。子供が好き=家庭的で優しい人 という印象を与えられますが、注意も必要です。

教会や神社で撮った写真は?

「宗教・思想・信条を主張するもの」は否認の対象になっています。 ただ、普通に風景の1つとして撮った写真であれば問題ないと思います。 教会や神社・お寺の観光地なんてたくさんありますし、特別な宗教儀式の写真でもアップしない限り大丈夫です。 with(ウィズ)ユーザーの中にも普通に寺社や教会で撮った写真を挙げている人はいますよ!

プロの写真家にとってもらった写真

全く問題ありませんし、どちらかと言うと推奨されています。 実際、with(ウィズ)には、とても素人や自分で撮ったとは思えない宣材写真的なものをアップしている人がいます。 プロのカメラマンに撮ってもらうと、背景や自分の肌の色などうまく調整してくれるんでしょうね。 最近は婚活用の写真としてプロのカメラマンに撮ってもらう人も増えてきているので活用してみても良いでしょう。

まとめ

with(ウィズ)の写真審査は、ルックスやスタイルを審査しているわけではないんです。
with(ウィズ)をより安全に、出会いやすく使うための審査で、ユーザーの安全を守るための審査になっています。
いろいろと審査基準があってややこしく感じるかもしれませんが、今回ご紹介した否認対象になる写真に注意しながら登録すれば問題ありません。

海水浴の写真やフォトジェニックな風景写真など肌の露出が多いものや危険が伴う場所の写真は思わずアップしてしまいそうですが、否認されてしまうので注意が必要です。

RELATED関連記事
with(ウィズ)の心理テスト(旧イベント)参加でいいねが無料に!?心理テストが役立つ件
333
with(ウィズ)で男性がいいねをガンガン増やすコツ9つ|人気会員の分析で判明@2020
537
with(ウィズ)はアラフォー男には不利か?40代ならではの攻略法を練ってみた
266
with(ウィズ)は顔写真なしでも出会える?写真載せたくない人必見の撮影ワザ
3,117
with(ウィズ)VIP専用プランは入る価値あり?マッチング率が上がるか調べてみた
1,005
TO SHARE この記事をシェア
 
Match Link(マッチリンク) > with(ウィズ) > with(ウィズ)の写真審査は厳しい!?審査基準や否認されるNG写真例を紹介!