ユーブライドv.s.ブライダルネット!比較で分かった違い&向き不向き【2020最新】

youbride(ユーブライド) 2021/02/12

真剣婚活する人に人気のマッチングアプリがユーブライドとブライダルネットですよね。 ただ、ユーブライドとブライダルネットにはさまざまな違いがあります。

違いを理解して自分に合ったほうを選ぶことで、効率よく婚活を進められますよ!

この記事では、2つのマッチングアプリを利用した経験のある筆者が、ユーブライドとブライダルネットを徹底比較していきます!

ユーブライドとブライダルネットの比較【早見表】

まず、ユーブライドとブライダルネットの比較を一覧にしたものがこちらです。

ユーブライド ブライダルネット
運営会社 株式会社Diverse 株式会社IBJ
会員数(現会員) 男性:434,827人
女性:197,901人
男性:136,677人
女性:173,893人
年齢層 男性:20代後半~40代
女性:20代後半~40代前半
男性:20代後半~40代前半
女性:20代後半~30代後半
料金 男性:4,300円~
女性:4,300円~
男性:3,980円~
女性:3,980円~
利用目的 真剣婚活 真剣婚活
検索機能 条件検索
youbrideからのご紹介
条件検索
日記
コミュニティ
婚シェルの紹介
条件マッチ
価値観マッチ
価値観チェック
提出可能証明書 本人証明
独身証明
資格証明
年収証明
学歴証明
本人証明
独身証明
年収証明
学歴証明
特徴 ・成婚実績No.1マッチングアプリ
・プロフィールの公開範囲を選べる
・無料会員でも出会えるチャンスが有る
・会員一人ひとりにコンシェルジュが付く
・基本的に会員のほとんどは有料会員
・7つの検索方法で異性を探せる

(※2020年5月22日現在) 男性会員数は、ユーブライドのほうがブライダルネットより多いです。 女性からすると選択肢が多く理想の相手に出会いやすいですが、男性はライバルが多くなかなか出会えない可能性もありますね。 逆に、ブライダルネットは女性の選択肢が少ない一方で、男性はライバルが少なく出会いやすいと言えます。
また、機能の面でも違う部分が多々あります。 ブライダルネットは有料会員になると専任のコンシェルジュが付いてくれますが、ユーブライドはプレミアムオプションを別途課金しなければ付いてくれません。 その代わり、youbrideでは「婚活応援コンテンツ」で他の会員に婚活について相談したり悩みを聞いてもらったりできます。

ユーブライドとブライダルネットの共通点

ユーブライドとブライダルネットは違う点も多いですが、共通している部分もあります。 お金に余裕がある方は、併用することで結婚できる可能性が大きく上昇しますよ!

基本的に男女同額

ユーブライドもブライダルネットも基本的に男女同額です。 ややブライダルネットのほうが安いですが、差はそこまでありません。
なお、どちらも無料で登録することができます。 ただし、ブライダルネットはアプリ版でないと無料登録できず、1ヶ月経つと課金しなければログインできないので気をつけてください。

だからこそ有料会員数が多く、真面目な会員と出会いやすいというメリットがあります。

アプリとブラウザ版と両方ある

ユーブライドもブライダルネットはアプリ・ブラウザ版があります。 さらに、どちらも会員登録しなくてもWEB上でお試し検索できます。 お試し検索してみて気になる会員がいれば、実際に登録してみましょう!

婚活向き

ユーブライド・ブライダルネットともに、マッチングアプリの中でも婚活向きであることに間違いありません。 ユーブライドは公式サイトによると婚活実績No.1ですし、ブライダルネットは婚活パーティーや結婚相談所を運営するIBJのマッチングアプリです。 どちらも真剣な会員ばかりですし、「すぐにでも結婚したい!」と考えている方たちがほとんどですよ。

各種証明書提出可能

ユーブライドにもブライダルネットにも、証明書を提出する機能があります。 こちらの機能を利用すれば異性に自分の年収や学歴を証明できますし、検索する側も信頼できる相手と出会えます。
ユーブライドのほうは、さらに「資格証明」まで提出可能です。 医師や弁護士など国家資格を所有している相手を簡単に見つけられますよ。

ユーブライドとブライダルネットの比較【会員属性】

マッチングアプリで婚活する上で気になるのが会員属性ですよね。 自分好みの異性がいなければ、使っても意味はありません。 そこで、ここではユーブライドとブライダルネットの会員属性を比較していきます!

年齢層

ユーブライド ブライダルネット
年代 男性 女性 男性 女性
20-24 39,958人(9.45%) 10,514人(5.48%) 3,192人(2.36%) 2,895人(1.67%)
25-29 68,365人(16.17%) 31,111人(16.23%) 18,245人(13.49%) 31,926人(18.39%)
30-34 57,241人(15.72%) 42,610人(22.22%) 35,577人(26.30%) 58,890人(33.93%)
35-39 66,493人(13.54%) 37,584人(19.60%) 30,392人(22.46%) 34,681人(19.98%)
40-44 64,261人(15.20%) 30,205人(15.75%) 20,663人(15.27%) 15,909人(9.17%)
45-49 56,281人(13.31%) 20,424人(10.65%) 13,595人(10.05%) 7,190人(4.14%)
50-54 34,690人(8.20%) 11,213人(5.85%) 5,716人(4.23%) 2,893人(1.67%)
55~ 33,600人(7.95%) 7,564人(3.94%) 3,482人(2.57%) 1,245人(0.72%)
非公開 7,619人(5.63%) 20,825人(12.00%)

(※2020年5月22日現在) 年齢層はほとんど変わりません。 ユーブライドのほうは、まんべんなくさまざまな年齢層の方が登録しています。 一方、ブライダルネットは約半分が30代ですね。
40代以降はユーブライドのほうが多いですが、注目してほしいのが「非公開」の部分です。 ブライダルネットは年齢を隠すこともできるため、「非公開」を40後半以降だと考えればそこまで大差はないでしょう。

会員数/地方での出会いやすさ

ユーブライド ブライダルネット
会員数(現会員) 男性:434,827人
女性:197,901人
男性:136,677人
女性:173,893人

ユーブライドのほうが2倍近い会員数がいます。 ただし、多くが男性会員だということに気をつけてください。
また、ユーブライドは無料で登録できるため、お試しで入会した方も多いです。 一方、ブライダルネットは有料会員の比率が高いため、アクティブな会員はユーブライドよりも多いという可能性があります。
地方での出会いやすさは、ユーブライド・ブライダルネットともにほとんど変わりません。 どちらも会員数がそこまで多くないため、地方に住んでいる方はペアーズやOmiaiなど人気マッチングアプリと併用するのがおすすめです。

男女比

ユーブライド ブライダルネット
男女比 6.9:3.1 4.4:5.6

男女比は大きく違います。 ユーブライドは男性が余っている、という現状なんですね。 逆に、ブライダルネットでは男性が不足しています。

マッチングアプリで女性のほうが多い、というのは非常に珍しいですね。

タイプ

ユーブライド ブライダルネット
男性 ・真面目系
・不器用で男らしい雰囲気
・積極的
・実直系
・やさしい雰囲気
・奥手
女性 ・おっとり
・おしとやか
・スレンダータイプ ・消極的
・明るい
・楽しい
・好印象
・積極的

男性は、男らしさ・頼りがいを求めるならユーブライド、やさしさ・安心感を求めるならブライダルネットです。 なぜかというと、ブライダルネットは「コンシェルジュに相談したい」という男性が多いからですね。 自分で女性をリードしてガンガン引っ張っていくよりかは、二人三脚で家庭を築いていくというタイプが多いですよ。
逆に女性はブライダルネットのほうが積極的です。 ブライダルネットは男性が少ないため、女性は自分から積極的にアプローチしなければなりません。 一方、ユーブライドは無料会員でもメッセージの返信ができることから、消極的で受け身な女性が多いのです。

結婚に対する温度感

ユーブライド ブライダルネット
男性 ★★★★☆ ★★★★★
女性 ★★★★★ ★★★★★

結婚に対する温度感は、ユーブライドの場合、男性はすこし下がります。 無料会員のままでも登録を続けられるので、「出会えたらいいかな」という温度感の男性もいるんですね。 ブライダルネットは課金が必須であるため、男女ともに結婚意識が非常に高いです。

男性会員のスペック

ユーブライド ブライダルネット
男性 年収300万未満:29%
年収300~400万:24%
年収400~500万:18%
年収500~600万:11%
年収600~700万:14%
年収700~800万:0.1%
年収800万以上:0.2%
年収300~400万:16%
年収400~500万:23%
年収500~600万:23%
年収600~700万:13%
年収700~800万:7%
年収800万以上:11%

男性会員のスペックを調べてみました。 圧倒的にブライダルネットのほうが高いです。 特に、「10人に1人が年収800万以上」という数値は非常に高いですよね。

ブライダルネットを運営する株式会社IBJは、結婚相談所もハイスペック男性が極めて多いことで有名です。ハイスペと結婚したいならブライダルネットがおすすめですね。

ユーブライドとブライダルネットの比較【機能面】

ここでは機能の面で違いを紹介します。 気になったものがあれば、実際に使って試してみることをおすすめします!

ユーブライド特有の機能

ユーブライド特有の機能がこちら。

ユーブライトの機能

  • 写真・プロフィールの公開範囲設定
  • メッセージの返信機能
  • 婚活応援コンテンツ利用機能

ユーブライドは写真とプロフィールの公開範囲を自由に選べます。 自分の写真・プロフィールを有料会員にだけ見せたり、マッチング相手にだけ公開したりすることができるのです。
また、ユーブライドは無料会員でもメッセージの返信ができます。 有料会員から届いたメッセージに対しては、課金しなくても返事を送れるわけですね。
ユーブライド無料会員

さらに、「婚活応援コンテンツ」で他の会員に婚活の相談ができます。 ユーブライドの先輩たちにいろいろ教えてもらえるチャンスですよ!

ブライダルネット特有の機能

ブライダルネット特有の機能の機能がこちら。

ブライダルネットの機能

  • 一人ひとりにコンシェルジュが付く
  • 7つの検索機能
  • マッチング速報

最大の魅力が、「婚シェル」と呼ばれるコンシェルジュが付いてくれることです。 婚シェルは結婚相談所と同じように、プロのコンシェルジュがさまざまなサポートをしてくれます。
ブライダルネット婚シェル

さらに、検索の仕方も7種類と非常に豊富! マッチングアプリにはあまりない「日記」で相手の内面を知ることもできますよ。
また、「マッチング速報」で最新のマッチング状況がわかります。 たくさんの方がマッチングしているのを肌で感じてみてくださいね。

ユーブライドとブライダルネットの違い【料金面】

ユーブライドとブライダルネットは料金面でも大きく違います。 どちらも基本的に男女課金必須なので注意してくださいね!

無料会員ができること

無料会員ができることの比較です。

ユーブライド ブライダルネット
登録 △ (アプリ版でのみ1ヶ月の無料トライアル可能)
いいね! 5回/日 30人分
会員の検索 ◯ (一部、見れないユーザーあり) △ (課金しないと写真が見れない。一部の会員も表示されない)
マッチング
メッセージ △ (返信は無料会員でも可能) ×
写真の公開範囲設定 ×

無料会員ができることは、ユーブライドのほうが圧倒的に多いです。 ブライダルネットは無料会員でできないことが多い上に、アプリ版でないとお試し登録できません。

まずはアプリをダウンロードして、1ヶ月お試しで使ってみることをおすすめします。

一方、ユーブライドは無料会員の状態でもある程度活動できます。 無料会員でもメッセージの返信ができるので、場合によってはお金をかけることなく出会えますよ! 注意点としては、待ちの姿勢ではなかなか出会えません。 マッチングしたら早めに課金してメッセージを送るのが、ユーブライドで婚活を成功させるコツです。

月額料金

ユーブライド ブライダルネット
1ヶ月プラン 4,300円/月 3,980円/月
3ヶ月プラン 3,600円/月 (一括10,800円) 3,960円/月 (一括9,600円)
6ヶ月プラン 2,967円/月 (一括17,800円) 2,600円/月 (一括15,600円)
12ヶ月プラン 2,400円/月 (一括28,800円)

クレジットカード決済の料金です。 基本的にブライダルネットのほうが安いですが、たいした差はありません。 ただ、ブライダルネットは12ヶ月プランがないので気をつけてください。 12ヶ月利用したい場合は、6ヶ月プラン×2回で31,200円となり、ユーブライドより高くなってしまいます。

オプション

ユーブライド ブライダルネット
プレミアムオプション 月額2,980円 なし
ユーブライドは、プレミアムオプションに加入するとこれらの機能が追加されます。

ユーブライドのプレミアムオプション

  • 開封確認
  • 写真つきメッセージのやりとり
  • プレミアムメッセージの送信
  • コンシェルジュサポート

プレミアムオプションに加入することで、ブライダルネットと同じくコンシェルジュのサポートを受けられます。 ブライダルネットには、このような有料オプションはありません。

コスパはどう?比較してみた

まず、「婚活のサポート」に関してはブライダルネットのほうが圧倒的にコスパが良いです。 なぜかというと、結婚相談所と同じようなコンシェルジュサービスが月額3,980円で受けられるわけですからね。

ユーブライドだと月額料金の4,300円+プレミアムオプションの2,980円で月額7,280円必要です。

「手厚くサポートしてほしい」という方にとっては、ブライダルネットを選ぶべきでしょう。
一方、「出会える人数」で言えば、ユーブライドのほうがコスパが良いと言えます。 特に、男性会員はユーブライドのほうが多いので、女性はブライダルネットよりも理想の相手を見つけられる可能性が高いですよ。
なお、成婚実績で見ると同程度です。 ユーブライドは公式で「2018年度の成婚実績は2,442名」としていますが、こちらは退会理由で「結婚のご予定」を「ある」に選択して退会した方の数だと推測できます。 ブライダルネットは2018年度の実績として成婚退会者数を「2,329名」としているので、両者とも成婚率は同程度と考えられるでしょう。

決済方法の違い

ユーブライド ブライダルネット
クレジットカード決済
Apple ID決済
Google Play決済
Yahoo!ウォレット
コンビニダイレクト銀行振込BitCash
WebMoney
PayPal(ペイパル)
クレジットカード決済
Apple ID決済
Google Play決済

決済方法が多いのはユーブライドのほうです。 ブライダルネットはクレジットカードかキャリア決済しかできません。 なお、両方とも基本的に有料会員は自動更新なので気をつけてくださいね。

口コミ評判ではyoubrideとブライダルネットどちらが好評?

次に、口コミで比較していきましょう! 実際に使ってみた感想も交えて紹介していきます。

ユーブライドの悪い口コミ

口コミを見てみると、ユーブライトの方が年齢層が高いとの声が多くありました。 年齢層はブライダルネットよりも「高い」と感じたそうです。

女性もユーブライドのほうが年齢層は高かったです。何度か30~40代の女性からいいね!が届きました。

また、こちらの方は「変な人が多い」とも感じたようです。 ただ、プロフィールが詳細なので、そういった変な人を事前に見極めることもできますよ!

ユーブライドの良い口コミ

真面目な人が多い、という口コミがありました。 上記の口コミでもありましたが、ユーブライドはかなり詳細にプロフィールを作り込めます。 特に、「結婚生活への価値観」で共通点がわかるのはありがたいです。
ユーブライドプロフィール

他にも、「お相手の希望」でマッチングしやすい相手を判断できるのもありがたいと感じました。 誠実な人を見分けやすく、自分に合った人と出会いやすいマッチングアプリなんですね。

ブライダルネットの悪い口コミ

会員数が少ない、という口コミがありました。 ブライダルネットは1ヶ月間しか無料会員として登録できないので参加のハードルが高く、会員数が多いとは言えません。 実際に使ってみても、他のマッチングアプリのようにグイグイいいね!が届くことはありませんでした。
特に、地方に住んでいる方は出会いのチャンスが非常に少ないです。 他のマッチングアプリと併用しながら婚活を進めていくことをすすめします。

ブライダルネットの良い口コミ

結婚相談所にいる会員と似ている、という口コミがありました。 実際に調査しても、結婚意欲も年収も高い30代男性がかなり多かったです。

会員が似ているなら、結婚相談所より圧倒的に安いブライダルネットのほうがお得ですよね。

さらに、サポート体制も結婚相談所並です。 プロのコンシェルジュが専任で付いてくれるマッチングアプリは他にありません。

ユーブライドとブライダルネットのメリデメ比較

ユーブライドとブライダルネットには、それぞれメリット・デメリットがあります。 自分が魅力を感じた方に登録してみてくださいね。

ユーブライドのメリットデメリット

ユーブライドのメリットがこちらです。

ユーブライトのメリット

  • 無料会員の状態でも返事ができる
  • 写真・プロフィールの公開範囲を選択できる
  • プロフィールの詳細項目が多い

無料会員の状態でも返事ができるのは大きなメリットです。 特に、女性は自分からメッセージをもらうよりも男性からもらうことのほうが多いですよね。 そのため、課金しなくても出会える可能性がありますよ!
写真・プロフィールの公開範囲を選択できるのもありがたい機能です。 また、プロフィールが詳細なので、自分に合った人を見つけやすいです。 逆に、このようなデメリットがあるので注意してください。

ユーブライトのデメリット

  • 婚活のサポート機能が弱い
  • 写真を設定していない人が多い

ブライダルネットに比べると、婚活のサポート機能が弱いです。 プレミアムオプションに加入しないとコンシェルジュに相談できないのはすこし残念ですよね。 さらに、公開範囲を選択できるからこそ写真を見れなくしている方も多いです。

ブライダルネットのメリットデメリット

ブライダルネットのメリット

  • プロのコンシェルジュに相談できる
  • 検索機能が豊富
  • 会員の質が高い

有料会員であれば、何度でも婚シェルに相談できるのは非常にありがたいです。 一人で悩む必要もありませんし、目から鱗が落ちるようなアドバイスをしてくれる可能性もあります。 さらに、検索機能が豊富で、その婚シェルから紹介してもらうことも可能です。
有料会員の比率が高く、年収・結婚意欲も高いので、ハイスペと出会いやすいのも魅力的ですよね。 女性もそういった男性を「捕まえたい」と考えて、見た目を整えている方が多いですよ。

ブライダルネットのデメリット

  • 1ヶ月だけしか無料会員として活動できない
  • 人が少ない

有料会員登録が前提のマッチングアプリなので、お試し期間が1ヶ月しかないのは大きなデメリットです。 そういったことから人が少なく、地方在住の方には向いていません。

どっちが向いてる?ユーブライドv.s.ブライダルネット

ユーブライドとブライダルネット両方使えればいいのですが、なかなかそんな時間もお金もないですよね。 そこで、おすすめできる人の特徴を、ユーブライド・ブライダルネットごとに紹介していきます! 自分が当てはまる方のマッチングアプリに登録すると、効率的に婚活できますよ。

ユーブライドが向いている人

ユーブライトが向いている人

  • スペックよりも「自分に合うかどうか」で判断したい人
  • こっそり婚活したい人
  • 30代の女性

まず、ユーブライドはプロフィールの項目が詳細です。 そのため、異性が自分に合っているか、変な人じゃないか、などひと目でわかるんですね。 誰かに相談するのではなく、自分で理想の相手を見つけたい人におすすめです。 写真・プロフィールの公開範囲を決められるため、こっそり婚活していくことができます。 身バレして恥ずかしい思いをすることはありません!
2020年5月現在、ユーブライドは男性が余っています。 女性は登録すると、たくさんの男性からアプローチしてもらえる可能性がありますよ。


ブライダルネットが向いている人

ブライダルネットが向いている人

  • コンシェルジュと二人三脚で婚活したい
  • ハイスペと結婚したい
  • 30代~40代の男性

ブライダルネットの魅力と言えば、大きな力になってくれる婚シェルの存在です。 プロのサポートを肌身で感じながら婚活したい方は、ブライダルネットがおすすめです。 口コミにもありましたが、ブライダルネットの「年収800万以上の男性:全体の11%」というのは驚異的な数字なんですね。 ユーブライドが0.2%しかいないということを考えても、どれだけ高い数値かは一目瞭然でしょう。 ハイスペ男性と出会いたい女性はブライダルネットが向いています。
現在、ブライダルネットは女性のほうが圧倒的に多いです。 男性はライバルが少なく、出会いやすいという状況になっていますよ!

【知らないと損】お得なキャンペーンについて

ユーブライド、ブライダルネットともに有料会員にならないと出会えません。 課金するなら、すこしでもトクをしたいですよね。 そこで、お得なキャンペーン情報をまとめました。

youbrideのお得なキャンペーン

ユーブライドには、31日間無料キャンペーンがあります。

31日間無料キャンペーン

  • 3・6・12ヶ月プランに加入した際、1ヶ月分が無料でプラスされる
  • 無料会員登録後4日以内に決済しなければならない
  • クレジットカード決済のみ

ここで大事なのは、「1ヶ月プランは適応外」ということです。 ただし、基本的に婚活は1ヶ月以上続きます。

私はマッチングアプリで結婚しましたが、3ヶ月かかりました。

お得に婚活を成功させるためにも、3ヶ月か6ヶ月プランの購入をおすすめします!

ブライダルネットのお得なキャンペーン

ブライダルネットには1ヶ月無料トライアルがあります。 アプリ版で登録すると、1ヶ月間無料でお試し利用できるんですね。
また、ブライダルネットはWEB限定で割引キャンペーンを開催することが多いです。 キャンペーンが開催されていたら、お得に課金するチャンスですよ!

まとめ:違う点多数!どちらも実際使ってみるべき!

ユーブライドとブライダルネットの比較をまとめます。

ユーブライトとブライダルネット比較まとめ

  • ユーブライドは男性会員が非常に多い
  • ブライダルネットは会員が少なめ
  • どちらも30~40代メインだがブライダルネットの方がやや若い
  • ユーブライドは無料会員でも出会えるチャンスあり
  • ブライダルネットは真面目な会員ばかりでハイスペ

どちらも無料で登録できるので、ぜひ実際に使ってみてどっちが合っているか判断してくださいね!

RELATED関連記事
ユーブライドの無料会員ができる5のこと&有料会員との違い|完全無料で出会えるかも検証
32
ユーブライド(youbride)の評判/口コミで分かった向き不向き【2020年最新】
22
ブライダルネットの割引キャンペーン情報【2020年12月最新】登録前に要確認
32
ユーブライドは40代こそ使うべき6つの理由&40代向けのyoubride攻略法
23
ユーブライドとゼクシィ縁結び!自分はどっち向き?徹底比較で探る違い&共通点
96
TO SHARE この記事をシェア
 
Match Link(マッチリンク) > youbride(ユーブライド) > ユーブライドv.s.ブライダルネット!比較で分かった違い&向き不向き【2020最新】